段ボールのリサイクル 大豊製紙株式会社
Recycle Site
>> 企業情報 >> 製品情報 >> リクルート情報 >> お問い合わせ
Company Site
>> 段ボールのリサイクル
>> リサイクル工程
>> リサイクルQ&A
リサイクルQ&A Questions & Answers about Recycle
こちらのページでは、リサイクルに関する身近な疑問等をQ&A形式でご紹介しています。
「リサイクルした方が逆に環境破壊をしている」という意見もあるようですが?
使用済み製品の回収や選別に手間が掛かることで、リサイクル品を作る工程が新品からのものより複雑になってしまうことや、リサイクル工程で消費するエネルギー、リサイクル工程で発生する排水や二酸化炭素、回収に使用する自動車/トラック等の排ガス等々、新品を製造するより環境に負担を掛けている場合もあると考えられます。
弊社では、科学技術の進歩・リサイクルを考慮した製品の設計・分別回収の浸透が進むことにより、この問題は徐々に解決されてゆくものだと考えています。
現状を放置すれば、環境問題はどんどん深刻化してゆきます。わたしたち一人ひとりが、リサイクルに対する前向きな考え方を持つことが大切なのではないでしょうか?
紙は何回くらいリサイクル可能なのですか?
紙の繊維はリサイクルする度に短くなってゆくため、3〜5回程度がリサイクルの限界だと言われています。
紙の繊維が短くなると繊維同士がからまらなくなり、紙としての強度が得られなくなります。
なぜ、紙類は「新聞」「雑誌」「段ボール」「ボール紙」「紙パック」のように細かく分別するのですか?
古紙といっても再生されるものによっていろいろな種類があり、それぞれの古紙が正しく再生されるには、きちんと分別して回収する必要があるからです。
 
古紙の種類 主な再生用途
段ボール 段ボール
新聞・チラシ ボール紙・新聞紙・雑誌・OA用紙
雑 誌 ボール紙・雑誌
上質紙・紙パック ボール紙・OA用紙・トイレットペーパー
 
下記のものが古紙に混入しているとリサイクルが困難になりますので、取り除いてから捨てるようにしましょう。
 
 ・ファックス用紙(感熱紙)
 ・写真等、表面がコーティングされた紙
 ・油紙
 ・ビニール窓のついた封筒
 ・カーボン紙
 ・ワックス加工紙(紙皿、紙コップ等)
 ・ホッチキス、クリップ等の金属類がついた紙
紙製品に関連したリサイクルマークついて教えてください。
紙に関連したリサイクルマークは下記の通りです。
 
マーク 名 称 意 味
グリーンマーク 古紙を原料に利用した製品であることを表示したマークです。原料に40%以上古紙を使用した商品につけられるマーク。
Rマーク  印刷物などで再生紙を使用したものにつけられます。数字は古紙がどのくらいの割合で含まれているかを表しています。
非木材紙マーク 非木材パルプを重量比10%以上使用した原紙、およびその原紙を使用して作られる紙製品ならびに紙加工品につけられます。
ケナフマーク ケナフパルプを総重量比20%以上配合した原紙およびその原料を使用した紙製品・紙加工品と、ケナフを総重量比10%以上配合した紙以外の加工品につけられるマーク。
ツリーフリーマーク 原材料調達から製造、消費、再利用に至るまで管理された本物の非木材紙(ツリー・フリー・ペーパー)であることを証明するマーク。
容器包装リサイクル法
識別マーク
「容器包装リサイクル法」に基づき、紙製の容器包装(段ボール及びアルミコーティングをしていない飲料用紙パックを除く。)につけられるマーク。
飲料用紙製容器
(アルミ利用を除く)
紙製の牛乳類、ジュース類のパックにつけられるマーク。
段ボール
リサイクルマーク
段ボールのリサイクル促進のために、段ボールにつけられるマーク。
パックマーク 牛乳パックを再利用して作られ、一定の品質を満たした商品につけられるマーク。
シュレッダーで切った紙はリサイクルされないのですか?
帯状に切断されたものであればリサイクル可能な場合がありますが、細かく(縦横に)カットされたものについては紙の繊維が短すぎてリサイクルできません。
古紙回収業者によっては、シュレッダーでカットされた古紙を回収してくれないところもあるようです。
そのため、湿式シュレッダー(紙の繊維を傷めないように水で湿らせて揉みほぐすタイプ)を導入する企業も増えてきています。
紙をリサイクルする工場では、大量の水を使い水を汚しているのでは?
紙のリサイクル工程には大量の水が必要です。
弊社では、近くを流れる飛騨川の水を利用させていただいていますが、できるだけ真水を使わないように"水循環システム"を工場内に完備し、水を何度も再利用して節水に努めています。
排水についても、排水処理・浄水施設できれいにしてから飛騨川に戻しています。
<< Back Page Top >>
>> HOME
  - Copyright© 2005 TAIHO PAPER MANUFACTURE All Rights Reserved -